青亀工務店

倉吉市で注文住宅・リフォームをお考えの方は【青亀工務店】にお任せ下さい

伝統を守り、手加工にこだわり続ける

受け継がれる 伝統技術

  • 受け継がれる 伝統技術

    「手刻み」という日本古来から伝わる工程をご存知ですか?
    手刻みとは、大工が手作業で木材に墨を付け、ノコギリやカンナ、ノミで加工していく技術です。近年では、全て機械で加工してしまうプレカットの方が「手で刻むよりも正確に早くできるから」と手刻みを取り入れる大工が少なくなってきています。また低価格を求めすぎて、構造材の大きさを小さくしたり、必要な構造材の一部を省略したりしてしまっているところを目にします。
    青亀工務店では「手刻み」にこだわり、この伝統技術を熟練の大工による手加工でご提供いたします。無垢の木は一本一本、クセが異なります。木のクセを見極め、無駄なく適材適所に使用することができる熟練の大工の目・技術が重要だと考えております。また、昔より伝わる信頼できる伝統構法をもとに、新しい技術を取り入れながら大工の木組みの家をご提供いたします。
    手加工ならではの表面のツヤ、触り心地、香りは他とは全く違います。「大工」として、この伝統技術を守り、伝えていかなければなりません。
    青亀工務店ではこれからも、新しい物は取り入れながら伝統を守り、本物の木をふんだんに使い、手加工にこだわって新築やリフォームを建築してまいります。
    お客様のかわりに家を形にしていくのは私たち大工です。家の寿命は、機能はもちろんですが、大工選びでも変わってきます。
    建築会社を決めるまでに、「こんな大工さんに家を作ってほしい!」というように、まず信頼できる大工さん選びからしてみるのもいいかもしれません。
    こだわりの純和風建築から洋風建築、古民家などの伝統建築の修復、水回りのリフォームなど家のことなら何でも気軽にご相談下さい。

棟梁自ら、自由設計を行います。

  • 自由設計なので、ライフスタイル、趣味、家族構成などに合わせて自由に設計して納得のいく家づくり、リフォームができます。純和風の家から洋風の家まで対応します。
    また、青亀工務店は設計から施工、管理まで一貫して行います。なので、設計士と施工する職人の細かなデザインなどの食い違いもありません。
    また青亀工務店では、本物の木に比べると耐久性が低いコンパネや合板床材などは極力使用せず、本物の木をふんだんに使用します。本物の木は、合板のような化学接着剤や化学塗料も使用せず常に呼吸しているので、体にも家にも優しい家になります。もちろんクロス壁紙、左官塗り壁、合板フロアなども対応いたします。 お客様が安心して共に家づくりができる、現場に入る職人の顔が見える、いつでも何時間でも仕事が見学できる、そんな家づくりを目指してまいります。

技能の向上に励んでいます。

  • 第53回 技能五輪全国大会

    第53回 技能五輪全国大会

    3位入賞「銅メダル!」in幕張メッセ
    課題:多角形小屋組
    大会の様子はこちら

ピックアップ施工事例

  • タイトルが入ります

    丸太梁を使用した新築物置

    地松の丸太梁を使用した総手刻みの新築物置です。伝統的な木組みにより、金物の緩みに負けない物置になりました。内壁は手鉋仕上げの杉板を張り、外観も和風住宅風な造りになりました。詳しくはこちら

  • タイトルが入ります

    木組みによるウッドデッキ

    屋根付きのウッドデッキの施工です。
    雨で濡れる部分は金物を使用せず込栓や車知栓を使用して木組みをしました。
    手鉋をしてから塗装をしたので、より材料も水分をはじきます。
    内部に使用し檜の補強丸梁は槍鉋仕上げを行いました。 詳しくはこちら

  • タイトルが入ります

    リフォーム

    無垢の木をふんだんに使ったリフォームです。
    バリアフリー設計です。天然素材のにかわボンドを使用しているのでシックハウス症候群対策にもなりますし、鉋仕上げですので木本来のいい香りがします。
    合板のような材料は極力使用せず、本物の木をたくさん使用しているので、壁や天井は常に呼吸をしています。 断熱も調湿も防音もばっちりで、快適に過ごせるそうです。

  • タイトルが入ります

    新築

    米松の太鼓梁をたくさん使用した新築現場です。 青亀工務店では、大断面などの張り合わせの木材は使用せず、本物の木を使います。 一本一本木のクセや良さを読み取り、適材適所になるように墨付けをしています。 伝統的な仕口や継手で木組みしてあるので、木組みだけで構造が頑丈になります。 あくまでもボルトなどの金物は補助的です。

  • タイトルが入ります

    差し鴨居の交換工事

    シロアリに大半を食べられてしまった差し鴨居の交換現場です。
    加工場で模型を作成し継手の形を考え、交換しました。
    できるだけ修復前の良さを残しつつ、新たな材に交換しました。
    地震にも耐えれるように補強工事も行いました。

無料で見積りを致します。

無垢材をふんだんに使用したこだわりの和風住宅から水回りのリフォームまで家のことなら何でもご相談下さい。古民家などの修復も承ります。修理できないと言われたがこの家を残してほしい、という方もご相談ください。

  • 丸太梁と木組みの新築物置

    手刻みの新築物置です。地松の丸太梁を組み合わせたり、込栓や鼻栓を用いた金物に頼らない木組みを行っています。現場見学は自由ですので、気軽に来ていただけたら嬉しいです。見学希望の方は、電話をよろしくお願いします。

Twitter

  • Twitterで、現場の進行状況や道具の手入れなどを更新しています。こちらもご覧ください。

お知らせ

News & Topics

ブログ更新情報

対応エリア

※その他の地域の方はお問い合わせ下さい

Information

青亀工務店
〒682-0016
鳥取県倉吉市海田西町1丁目263番地

line

鳥取県倉吉市の【青亀工務店】では天然素材由来のものを使用し、人や環境に優しい家造りを行います。注文住宅・リフォームをお考えの方は是非ご相談ください。

0858-26-2378
  • twitter
  • blog