Menu

施工の流れ

Home

設計から建前までの流れをご紹介します

STEP 1

STEP 1

まず、お客様と一緒に家の設計図を作っていきます。全体のイメージから最初の図面を作成し、お客様が納得のいくまで意見交換して、設計図を決定します。
青亀工務店では設計から施工まで一貫して行うので、大工棟梁自ら設計を行い家造りをします。
住む人のことも考え、住む人を守っていく木たちが長生きするような施工方法もこのときに、話し合いをしながら決定します。

icon

STEP 2

STEP 1

設計図をもとに、図版(地方によって、いろいろな呼び方があります)を書きます。これによって、大工さんは建物のほとんどを理解します。

icon

STEP 3

STEP 2

木は生きていて常に呼吸をしています。将来どの方向に、ねじれ、反りが生じるかを見極め、柱材は向きを考えて墨付けを進めます。

icon

STEP 4

STEP 3

横架材の加工。
右から1~2番目が組まれた状態です。
手刻みですので、仕口や継手に角をつくることができます。
プレカット加工では継手や仕口は角がなく丸いですが、手刻みでは角をつくることができます。また、機械では加工することができない複雑な加工ができるので、木組みだけで強度が増し、構造材の痩せによるボルトなどの金物のゆるみによって生じる、木材のねじれに対応することができます。

icon

STEP 5

STEP 4

これらは長さが5mで間に柱が無いため、地松タイコ梁を使用しました。
梁と言ったら屋根材ですが、下の2本は台輪、大引です。
上の梁は特に荷重がかかるため、元口は50cm以上あります。

icon

STEP 6

STEP 5

本柱の加工。これらに台輪、梁、合掌材が組まれます。
手鉋仕上ですので、ピカピカのツルツルです。

icon

STEP 7

STEP 6

建前を待つ木材。

icon

STEP 8

STEP 7

建前準備。合掌です。
組立が出来る物は、建前をスムーズに進める為にあらかじめ組立します。
合掌とは、家の中で柱が建てられない空間で採用される洋小屋組です。

icon

STEP 9

STEP 8

これも、あらかじめ組立てておきます。
この梁も手鉋仕上げですので、光っています。

icon

STEP 10

STEP 9

建前当日、本柱がすべて建ちました。

icon

STEP 11

STEP 10

台輪、大引の仕口です。(カブトアリ、大入れ)

icon

STEP 12

STEP 11

大屋根に合掌が上がりました。

icon

STEP 13

STEP 12

下屋根、登り梁。

icon

STEP 14

STEP 13

大屋根合掌、すべて組立てられました。
正面に見えるとても長い木材(陸梁)は、真っ直ぐにすると目の錯覚で下っているように見える為、最初からある程度のむくりを付けています。

icon

STEP 15

STEP 14

問題も無く、すべてが組立てられました。
大工さんがホッとする瞬間です。
この後、内部造作や外部に取り掛かります。